オアシス病院

オアシス病院 消化器内科より
当院では、胃の内視鏡検査だけでなく、大腸内視鏡検査も行っております。
「大腸内視鏡というと何だか大変そう」「胃の内視鏡は受けたことがあるけれど大腸はまだ受けた事が無い」等々、大腸の内視鏡検査となると、どうしても不安な気持ちがある方も多くいらっしゃるかもしれません。
患者様に安心して受けて頂けるよう、最新の高性能機器、技術を揃え、熟練した医師が検査を行います。

内視鏡検査室と内視鏡準備室が新しくなりました。

病院内改装工事を行い、内視鏡検査室をリニューアルしました。
さらに、外来で大腸内視鏡を受ける際の事前準備室(下剤の服用など)を行う全室専用トイレ付の個室を新たに設置しました。ゆったりとしたソファーでリラックスして準備をしていただくことができます。
 

最先端の内視鏡システムの導入

NBIを搭載した最先端の内視鏡システム「EVIS LUCERA ELITE」(オリンパス社製)を導入しました。
「NBI」「拡大観察」など病気の早期発見のキーワードとされている最先端技術を搭載した内視鏡機器トップクラスのシステムを導入しました。

NBIとは(狭帯域光観察)

NBIとはNarrow Band Imaging(狭帯域光観察)の略称をいい、 通常光観察では見えにくい小さな病変を特殊な青い光で見えやすくします。
早期がん等の発見向上のため、今注目を集めている内視鏡技術です。



内視鏡用二酸化炭素送気装置「UCR」

従来の大腸内視鏡検査においては、細かいヒダの中まで観察するために空気を注入して腸を膨らませて行いますが、 この場合、検査後その空気が腸に長く残って「お腹の張り」や「不快感」を伴うことがありました。

そこで、当医院では一部の専門病院でしか導入されていない二酸化炭素送気装置「UCR」(オリンパス社製)を導入しました。
二酸化炭素は空気の200倍近い速さで吸収される特性がありますので、「お腹の張り」をすばやく解消し、「不快感」を和らげる、 お身体に負担をかけない検査ができるようになりました。




〒870-0103
大分市東鶴崎2丁目3-30
Copyright(C) Zenshoukai All Rights Reserved.